ブログトップ | ログイン
<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
1/27のHSWオープンプラクティスはOPENする見通しです。
先日の降雪の影響が若干残ってたり残ってなかったり、
この冬一番の寒波が到来してるんで霜が降りたり降りなかったりしてますが、
1/27の筑波HSWオープンプラクティスは現時点で開催する見込みです。
数日前に様子を見に行きました。
一部ヌルってたら規制する感じにしますがオーバル形式で開催できそうです。
もしかしたら数セットは右ターンありのレイアウトを試してみるかもですが、
前ブレーキなくてもいいくらいの軽めの感じとお考えいただければと思います。
前日から整備する感じだけどもネットリグルーブ系とかに仕上がるといいなぁ。

当日のタイムテーブルは寒いんで全体的に今までより30分遅らせまして、
08:30 ゲートオープン
09:00 受付開始
09:30 ブリーフィング→走行開始
昼休憩は30分くらいにして16:00前後の終了を予定しています。

前日の状況次第での変更などある場合は改めて告知します。
週末は冬型の気圧配置らしくすげぇ寒いかもなんで防寒の工夫をお忘れなく。
あと健康保険証も。
ご参加ご予定の皆様には各々ご準備よろしくお願いいたします。
by 703thesidewaykid | 2013-01-26 01:12 | FEVHOTS™ | Comments(0)
2013年最初のHSWオープンプラクティスは1/27開催です。
f0047981_15192525.jpg
新年最初のHoly Speedwayオープンプラクティスを1/27(日)に開催します。
東日本随一のハイバンククレイオーバルでの走行をご希望の方はご参集ください。
最小催行人数15名でお代は一律5000円です。
これまで同様、完全事前エントリー制といたします。
詳しくは下記内容をご確認ください。

続きを読む
by 703thesidewaykid | 2013-01-07 16:11 | FIGHT FOR FLATTRACK | Comments(6)
RSR Promotions™ 設立趣意書
f0047981_19141930.jpg
ダートトラックレースは、その発祥の地である米国ではフラットトラックレースと呼ばれています。それらの呼び名が示す通り、この競技は平滑な土のトラックにおいて、必要最小限の機能をもたせたオートバイで走り、競技者の技能とその速度をもって勝敗を競う、シンプルこの上ないものです。

刻々と変化する路面状況に対処して自らのオートバイを操ることは、自然環境に対する強い畏敬の念と深い洞察力を育みます。可能な限りの安全確保に努めつつ他の競技者と厳しく対峙することを常に求められ、自身がどのような存在であるかという人間性の本質を探る機会すらも得ることのできる素晴らしい競技です。

今般我々は、国内ダートトラックレースシーンの第一線で活躍する競技者、関係者の智恵を束ね、この競技の発展と浸透を図り未来に貢献するべく、新たなレース運営組織として、「RSR Promotions™」を設立する運びとなりました。当組織には、本場米国や国内各所にて研鑽を積んできた現役競技者はもちろん、イベント運営の経験者、ダートトラックレースに深い造詣をもつ有識者が多く名を連ねています。

我が国に現在の形でダートトラックレースが紹介されてから、 30年あまりの歳月が流れました。その魅力に取りつかれた競技者たちは今日もそれぞれに地道な活動を展開しています。また国内各地のイベント主催者は愛好者の裾野を広げるための努力を日夜続けていますが、過去10数年間というもの我が国全体での競技人口と認知度には大きな変化がありません。当組織はこのような状況を打破するべく、東日本エリアにおいて、ダートトラックレースの本場米国で脈々と受け継がれる伝統に迫る、本格的なレースシリーズを企画し主催します。同時に当組織の使命は「対自然・対人間・対自身」を重視し、この種目の純粋な魅力を広く世に伝えることにあると考えます。そのためにはまず、豊富な経験をもつ競技者それぞれがダートトラックレースに対し、正しい知識と姿勢で向き合う必要があります。競技者は身をもって高い地平でこの競技の魅力を体現し、広く社会にその素晴らしさを伝え、さらには後世に価値ある文化として継承するための活動に、より一層力を入れていかなければなりません。

ダートトラックでの走法は一見すると単純であり、誰よりも速くフィニッシュラインを目指すというスプリント競技ならではの明快さゆえ、高いレベルの競技者にはきわめて繊細かつ高度なテクニックが要求され、また参加経験の少ない競技者にあってもそのテクニックをより深く追求しながら、それぞれの体力と技量をバランスよく保つことによって、長く生涯スポーツとして楽しむことができます。一定の信頼関係が構築された競技者たちによる接近戦の様子は、数あるオートバイ競技の中で最もエキサイティングなものの1つであるといっても過言ではありません。

当組織は、我が国でのダートトラックレース発展のため、以下の8項目を設立当初からの重要なテーマとして、幅広く活動することを目指します。

・ 本格的な大会運営と競技者の育成
・ 参加者の利便性向上
・ 競技の安全性向上
・ 永続的かつ発展的な大会運営
・ より高いレベルでの競技性の追求
・ 老若男女が楽しめる生涯スポーツとしての認知度の向上
・ 国内外の団体・関係者との連携
・ 地域社会への貢献

当組織は、世界の人々がダートトラックレースという共通言語のもと、交流と相互理解を深めながら、伝統と革新、荒々しさと繊細さを合わせもつ魅力的な競技として、より一層その社会的地位を向上させ、モータースポーツ隆盛の一翼を担い、広く社会に親しまれることを強く望むものです。

2013年1月吉日

林 真巳 RSR Promotions™ 代表/ダートトラックライダー
by 703thesidewaykid | 2013-01-01 19:00 | FEVHOTS™