ブログトップ | ログイン
<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
邪の道はHEAVY。
f0047981_3555357.jpg
セイシローくんは男の中の男。
いやあわかってらっしゃる。
詳細は続きに長々書きますけども、17インチのダートトラックコンペタイヤ、
MAXXISのDTR-1の120/70-17が9月の末に海を越えて久々に日本上陸予定。

…その数30本。

続きを読む
by 703thesidewaykid | 2012-07-31 04:50 | うれますかえます
HSWのグルグル競争は決勝30台一斉に走らすとは言ってない。
f0047981_23592794.jpg
前回書いた、各カテゴリーとも定員30台で全員決勝走らすってのをね、
お前一気に30台走らせるのかよ正気かよと各方面からご心配をいただきまして、
翌日から何件も三件もお問い合わせを頂戴してるんですけどね、
まさか、まさか、まさか。
音量のこともあるしコースの大きさだって決まってますからね、
HSWで同時にコースにインするのはいいとこ10台が限界だと思ってますよ。

それじゃあ決勝30台ってのはなんぞやってな話なんすけどね、
つまりは予選落ちをひとりも出さない、ということ。
全員メインイベンター、ファイナリストになっていただきます。
30位までキッチリ順位付けするし。
…やっぱこれでもわかりにくいすか。
それでは以下に詳しいレースフォーマットをご紹介しましょう。

続きを読む
by 703thesidewaykid | 2012-07-24 00:06 | FIGHT FOR FLATTRACK
HSWのグルグル競争は大小2カテゴリーでやりますよ。
f0047981_1830651.jpg
まだまだテストと企画立案中ですが、
HSWでのフラットトラックレースは大小2カテゴリー構成でスタートしたい所存。
大っつってもこちらのお写真みたいな空冷600ccとかは無理ですけどね。
たとえ元ニッキー・ヘイデン号でも。
しかしカッケー。
ヒャク万エンくらいでFOR SALEしてるみたいです。

さてさて。
厳正なルールをあくまで厳守して同じ地平で競うのは、プロ。
大まかなルールとその趣旨を理解した上で楽しむのは、成熟したオトナの文化。
主催者がアレコレ悩んでルールで網をかけて、
参加者がそれぞれ必死でその裏をかこうとするのは…、
幼稚ってか情けないってか所詮その程度のモノって感じっすね。

ザックリ大まかなのにわかりやすくて絶対的なのが気持ちいいお年頃、
そんなワタクシが熟慮の末にキッパリ決定事項としてご案内しますのは、
ハッキリと以下の通り2カテゴリーです。
国内4メイカーどこにもおもねらず、
メッキリ公平な感じになっとると思いますけどね。

続きを読む
by 703thesidewaykid | 2012-07-20 20:00 | FIGHT FOR FLATTRACK
Sorry, NO TT practice in this weekend, by BKせんせい。
f0047981_17344450.jpg
BKスライディングスクールプレゼンツのTTグルグル走行会
7/21(土)開催とお知らせして参加者募っておりましたが、
本日木曜までに主催者規定の最少催行人数10名に達しなかったため、
誠に残念ですがキッパリ中止とさせていただきます、とのこと。
翌日日曜のスクールはあるんすけどね。
残念無念トホホのホ。

俺が借していただいてるオーバルの場合もそうなんすけどね、
赤出してまで開くことは正直申し上げて難しいの構図。
賃借ならではつーかミニマムをきっちり見定めないと細くても長くは続けられないしね、
ご参加予定の皆さまには大変申し訳ありませんがなにとぞ次回もエントリーお願いします。
8月はありまへんけど9月は16日…ってうーわーこれ三週目やん川越とカブりますやん。
今知った。
BKせんせいのスケジュールなんで俺はノータッチだったんすけど。
どうにかなるか聞いときます。

※8/4(土)のトラックテストFINALSはミニマム突破してますので開催する予定です。
 引き続きテストパイロットは絶賛募集中。
 ご検討よろしくお願いいたしやす。
by 703thesidewaykid | 2012-07-19 17:57 | まいにちまいにち
テストパイロット再招集のお知らせ。
f0047981_17453681.png
お待たせしております。
前回のHSWトラックテスト、皆さまからまずまずのご評価をいただきまして、
「次はいつやんの?本番いつからやんの?」
とか多数のお問い合わせをいただいております。
つーわけですので来月初頭に2回目のトラックテストやりまっせ。

日程は8月4日の土曜日。
この日はコース2000にて筑波ロードレース選手権が開催されてます。
例によって便乗系です。
そーとーうっさいかは不明ですけど音量に気を遣うのは必須条件なのでね、
8月はこの日くらいしかなさそうなんす。
海とか山とかそーとーいい季節だと思いますが、
皆さまご検討よろしくお願いいたします。

今回のトラックテストですが、2回目にして最終回となります。
3回目はありません。
カンムリとかルールとか保険とか練りまくりでめっさ色々あるっぽいんですがー、
気候もよくなった秋口くらいから、えれえ勢いでリアルレーシングを始めたい所存。
本テストは前回同様の完全事前エントリー制、最少催行人数15名<最大30名です。
詳しくは下記内容をご確認ください。

続きを読む
by 703thesidewaykid | 2012-07-12 18:24 | FIGHT FOR FLATTRACK
7/21にHSWでBKせんせい主催のグルグルTT走行会ありまっせ。
f0047981_16525645.jpg
先日のHSWトラックテスト、
土煙とともに軽めにやってきた興奮はサメやらん感じでしょうかいかがでしょうか。
ちびっと趣きを変えまして7/21(土)は、
BKスライディングスクール主催のグルグルTT走行会"SPINS!"ありまっせ。
今般HSWをオーバルレイアウトで使わしてもらえるようになったのも、
校長せんせいがスクール開くために切り込んでくださったおかげなんす。
これまで手伝わしていただいててホントよかったっす。
もちろんオートルック様にも感謝感謝なわけですけどね。
先人は偉大なり。
誠にありがとうございます。
皆さまあっての不肖ワタクシです。
今後もめいっぱいお力を拝借して参ります。
タカリか。
ええまあ。

ほんで走行会の詳細は上記リンクのHPをご確認いただきたいのですが、
当日の受付はAM8:30より。
走行時間はAM9:00~AM12:00とPM1:00~PM4:00。
参加費/走行料は車両持ち込みでの一般の方が5,000円、
レンタル車ヒャクの使用料は+5,000円。
過去現在未来プロアマシロート問わず自称レーサーの方は、
もれなく上記参加費/走行料より1,000円引きです。
受付時にスタッフーまでお申し付けください。

万障お繰り合わせでよろしくお願いいたします。
レンタル車あるし気軽にご友人とか連れてご参集されたらいいじゃない。
ご参加希望されるダートトラッカーの方は、
俺まで個人的にご連絡いただくか、あるいは以下アドレスまで電子鳩下さい。
いちおうとりまとめたい所存です。
rsrpromotions+BKspins0721★gmail.com
皆さまのご来場を校長と園長と元人気ブロガー共々お待ち申し上げております。

HSWってー、厳寒期は霜降りてグジャグジャにぬかるんじゃうからー、
通年でオーバルは厳しいかもね。
そしたら軽めで小さめのバイクでー、ウィンターTTシリーズとかもー、
ぜんぜんアリかもね。
いやーほんの思いつきですけどー。
か く し ん は ん 。
by 703thesidewaykid | 2012-07-06 17:50 | まいにちまいにち
"MUST BE IN DIRT TRACK TRIM"にシビレる。
f0047981_1541257.jpg
ピラミッドだのヒエラルキーだのさ、
ロクでもないからクビ括る前にどっかでやめたらよかったのに、
みたいなことを先日の三行半その2で書きましたけどね、
いざ6月から流浪の民になりかけて、実際その想いはなお一層強まってる感じ。

とにかくシンプルにレースで勝ちゃあいいんですよ競争なんだから。
なにしてでも勝てばいいとかってアウトローなセリフじゃなくてね、
それが一番崇高な目的で一番キモチいいはずだからさ、
一番キモチよく競える方法を探るんすよ。
それなくしてこの種目の未来はない、なんつってね。

いやね、
昨日お誕生日を迎えられたメリケンのローカルレースのルールとかをね、
日々あちこち聞いて回って研究してんですけどね、
わりとどこでもちょくちょく出てくるのが本日のタイトルなんす。

"MUST BE IN DIRT TRACK TRIM"

若干意訳になるけど「ダートトラックに適していなければならない」って感じ。
当然クルマも人間もどっちもですよ。
それってのはホットシュー履くとかブロックタイヤ禁止とか前ブレーキ外すとか、
危ないからギアーをきっちり合わせろとか接触アリだけどぶつけるのナシとか、
左に回って速く走れ、みたいな当たり前だけど絶対的ななにかが全て含まれる系。
なんだか歴史つーか文化の片鱗を感じて深くシビレてしまったわけですよ。
大事なのはここらへんなんですよ。
すげぇファジーと見せかけて完全に絶対的ルールなイキフン。
メリケンスピリッツですよ。
やっぱダートトラックってカッケー。
個人的には秋のカリフォルニアシリーズ行きてー。
またしてもGNCバイク借りて乗りてー。
ピアソンYZ450F…はこないだもう乗ったから今度はXR750貸せー。

…すみません取り乱しました。
先日7/1のHSWトラックテスト、
初代マーシャルをお願いしたChanta石田さんがPICSをUPLOADして下さいました。
全部で769枚ありますんで以下URLからご覧ください。
https://picasaweb.google.com/114542721124672701466
回線がノロい方はコチラから、とのこと。
紳士淑女グルグルメンの皆様におかれては是非ともご高覧いただければと存じます。

当日ご参加いただいたテストパイロットの皆様は、
ご意見ご要望、今後のご提案などありましたら、以下アドレスまで電子鳩ください。
rsrpromotions+tracktest01★gmail.com
★のまんまじゃ届きませんので、って言わんでもええか。
よろしくお願いいたしやす。
by 703thesidewaykid | 2012-07-05 02:43 | FIGHT FOR FLATTRACK
The eagle has landed。
f0047981_17563927.jpg
トラックテストにご参加いただいたテストパイロットとトラックマーシャルの皆さま、
昨日は万障お繰り合わせの上ご参集いただきありがとうございました。
難しいこと言えばいいと思ってるわけじゃないんすけどね、
所有者であらせられるオートルック様からはおおむね高評価を頂いております。
1回目にしては出来過ぎだったくらいかもよ。

さっそくですが以下は今後の展開に向けた改善点および懸案事項となります。
難しい課題はあんまないような内容なのでボチボチひとつずつ考える感じ。
お気づきの点やご意見ご要望ご質問などございましたらお知らせ下さい。

・集団としての最大音量は条件付きで空冷250cc x 8台がMAXっぽい。
1台1台測ることはしませんでしたがおおむねこのくらい。
募集要項はいい線いってたっつーことかな。
現時点で排気系は有効なサイレンサーを装備してて、
5000rpmで95とか96dBをクリアする程度なら社外パイプでも問題なさげ。
ノーマルでも個体差ありますしね。
四六時中走り続ける方式だと問題ありそうだけど短い時間で区切ればいいか、的な。
どっちみちフラットトラックなんてスプリントだしね。
15分刻みの練習走行とかはだいぶ厳しいと思いますんで8台 x 25周が限界値か。
音量の規制は2mMAX方式がいーのかとかリミット何dBかとかはちょっと考えます。
ストックより静かなら250cc以上のDTXとか2サイクルとかも今後可能性はある…か?
ストック縛りとかも寂しいし、かといってギリギリの一線は越えられないし。
なにかしらここんちの尺度つーか絶対的なローカルルールがいりますわね。

・路面のウネリはこれから少しずつ取り除いていきたい。
特にストレートの数カ所の大きなウネリは走ってて違和感あったでしょうね。
オートルック様にもだいたい皆がどんな走らせ方するのか見ていただけましたんで、
今後予算の範囲内であれこれやってみて少しずつウネリは取り除きたい方向ですよ。
安上がりな妙案ありましたらコッソリ教えてください。
まあでもケツ浮かせながら立ち上がってくるフラットトラックなんて見た時ねぇよ、
とか思ったけどブライアンなんかはXR750でよくやってる気もしてきた。
カサを増すためにバンクの中には砂利とかタイヤとか色々埋まってるらしいので、
フルフラット方面にはなかなか持ってけないと思う。
いつかはモッサリ土入れたいとかって野望もこの厚い胸板に秘めてますけど。

・安全設備は徐々に追加して少しずつ強化します。
今回のトラックテストに先立ちまして、
買ったらそーとー高いクラッシュパッドを偶然拾ったんで15個ばかし設置しました。
最後の最後でありがとうございます。
鉄壁の圧迫感がなくなってすっきりした分、飛び出せマッキーみたくなっちまったので、
これがあるとないとではずいぶん安心感が違うように思います。
ストレートのベニヤの壁ももう少し延長する必要がありそげっすなぁ。
こっちは次回までにASAPで取りかかりたい。

・土質に見合ったグルーミング方法を探求しないとね。
ハイバンクハイグリップってのも関係してくるんですがこればっかりは経験値だね。
気候との兼ね合いもあるしね。
いろいろトライしてなるべくエラーしないってのがいいなぁ。
毎回気を揉みそう。
まあやってみましょう。

とまあササっとそんな感じなんすけどね、手持ちの写真や動画はありません。
わりといそがしくて時間がありませんでした。
参加したテストパイロットのblogとかFBとかツイッタとかサーチしてみて下さい。

次回の開催日程は未定ですが、
道の反対側のうっせーイベントのスケジュールを調べて、それにハモってやりたい方式。
実はこれがキモだったりとかね。
今度はヨツワの日にしてみようかな。
この次は練習走行会、といった体裁ではなくて、
レースフォーマットのチェック的なものにしたいかも。
そのフォーマットも同時進行で考えてますんで発表はもうちっと先ってことで。
この数ヶ月でメリケンのローカルレースのルールに随分詳しくなった俺です。
今後ともお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

次週日曜は完全に個人的に長野のオートパーククワに日帰りで行く予定です。
次の週末15(日)は3週目でPylon Oval National Championshipがあるんじゃないかな。
ほんで21(土)はBKスクール主催でHSWにてTTグルグル走行会ですよ。
世の中的に権力に抹殺されたと思われたグルグルメンは今月も大忙しの巻。
いや、去年の夏前から実はぜってーこうなると見越してタカくくってましたけど。
野望はデカく理想は高く、まだまだホットシューのヒモは硬く結んどけよ、と。
鷲は舞い降りるわけですよ。
ナメんじゃねー。

"The Legendary Rolling Thunder Show Must Go On."
by 703thesidewaykid | 2012-07-02 19:10 | のるかそるか