ブログトップ | ログイン
2 DAYS 2 GO for FEVHOTS™ ROUND 3。
f0047981_3413723.jpg
おまたせいたしました。
本日16時発表で明後日7/28の長野県上伊那郡中川村オートパーククワの天気予報、
曇りで最高気温30℃/降水確率40%。
山の天気は変わりやすいなんつって北関東では10年以上泣かされてきましたが、
10年ぶりの長野でのレースだもんでこちらの山の神様は笑ってらっしゃるご様子。
このあと神憑り的な天候急変などのない限り、
2013 FEVHOTS™第三戦は予定通り開催いたします。



本日午後の時点での暫定エントリーリストは以下の通りです。

・AC9クラス (空冷4サイクル単気筒・メイカー出荷時排気量147cc以下)
 24 タカギ ミカ   HON
 33 マツウラ サトシ HON
 42 マキ ユウヤ   HON
 65w マツエダ セツオ SUZ
 71 ヒラオ ユウヒコ HON

・AC15クラス(空冷4サイクル単気筒・メイカー出荷時排気量148cc以上250cc以下/水冷4サイクル単気筒・メイカー出荷時排気量150cc以下/2サイクル単気筒・メイカー出荷時排気量100cc以下)
 16w ゲンダ ミノル   YAM
 22 アイヤマ コウジ  HON
 48 タナカ カツヒロ  HON
 52 フクダ コウスケ  HON
 54 クサノ マサノリ  HON
 57 ヤマシタ タケユキ HON
 71 ヒラオ ユウヒコ  HON
 74 ヤマシタ カツトシ HON

・オープンクラス(最大気筒数2気筒以下、メイカー出荷時排気量245cc以上)
 23w セキグチ フミタカ H-D
 33 マツウラ サトシ  YAM
 48Y ヤマニシ ヨシノリ YAM
 52 フクダ コウスケ  HON
 54 クサノ マサノリ  HON
 57 ヤマシタ タケユキ KAW
 66 フクダ カズオ   H-D
 67w セキグチ トモタカ H-D
 71 ヒラオ ユウヒコ  YAM
 74 ヤマシタ カツトシ HON

事前エントリー後、やむを得ずご参加をキャンセルされる場合は、
明日7/27(土)正午までに主催者へその旨を"確実に"ご連絡ください。
エントリー済みの方がご連絡のないまま当日不参加となった際には、
次回のご参加までに、エントリーフィー全額をお支払いいただきます。
なお明日7/27は午後2時より午後4時の予定で前日練習走行が可能です。
レース当日と同じく当団体の全面占有使用となりますので、
FEVHOTS™第三戦にご参加いただく方以外は一切走行できません。
悪しからずご了承下さい。

ーーーーー

7/28レース当日のタイムテーブルは以下の通りです。
09:00 参加者ゲートオープン (てか一晩中入れますけど)
10:00 参加受付・車両検査 (先日告知した10:20から訂正します)
10:45 ライダースミーティング
11:00 プラクティス(4周 x 2セット・1グループ最大5名)
12:30 レース進行開始
スクラッチヒート(4周・5台以下・1列グリッド)
ヒートレース(8周・5台以下・1列グリッド) 着順上位のみ"D4C"へ
セミファイナルレース(8周・最大8台・2列グリッド)
トロフィーダッシュ(DASH for CASH / D4C・4周・6台以下・1列グリッド)
メイン(ファイナルレース・Aメイン15周/Bメイン12周・10台以下・2列グリッド)
16:00-16:30 全走行終了予定

参加台数増加の場合、ファイナルレースはAメイン・Bメインの2組とする場合があります。
ファイナルレース着順により、各ライダーに年間シリーズポイントを付与します。
参加台数により割付は変動しますが、
1位30ポイント>最下位完走者1ポイント(DNS: 出走せずは0ポイント)となります。

なお季節柄、路面の乾燥が激しく予想されるため、
決勝周回数を前回6/9開催の第二戦同様、18周から変更いたします。
現時点ではAメイン15周/Bメイン12周(あればね)の予定でおりますが、
当日朝までの路面状況によってはさらに減算する可能性もございます。
ライダースミーティングにて決定告知いたしますので何とぞご了承ください。

ーーーーー

以下は当シリーズ固有のレース進行詳細となります。
不明な点のご質問は当日10:45からのライダースミーティングにて受け付けます。
・スタート進行(スタートシグナルまたはフラッグによる)
 各グリッドのスタートポジションラインは、30cm間隔で2本用意されます。
 シグナル赤→青、またはフラッグでのスタート進行中、
 2本のライン間で車両が動くことについて、レフリーは関知しません。
 前輪接地面が両方のラインを超えて飛び出した場合のみジャンプスタートと判断します。
 ジャンプスタートとなった場合は、後方のペナルティラインからのスタートとなります。
 スタート練習は当日4周x2本のプラクティス終了時に各1回のみ可能です。

・イエローコーション→レース続行
 転倒者・落下物などの危険が存在するターンではイエローフラッグが静止表示されます。
 接触や二次災害のないよう最大限に注意し、レースを続行してください。

・レッドコーション→レース中断
 重大なトラブルによりレフリーがレース続行不可能と判断した場合、
 フィニッシュラインでレッドシグナル高速点滅、またはレッドフラッグが表示されます
 後方の安全のため急減速は避け、可能であれば左手を挙げるなどの合図を送り、
 状況を確認しながら徐々に速度を落とし、
 翌周のフィニッシュラインで確実に停止してください。
 なおレース中断の原因となったライダーにはペナルティを課す場合があります。

・中断後の再スタート
 車両破損などによりトラックを離れたライダーはレースをリタイヤしたものとします。
 2周目終了以前で中断した場合、オリジナルグリッド・当初の周回数でレース再開します。
 2周目以降でレースが中断した場合、中断時点でのポジションでレース再開します。
 メイン終盤での中断の場合のみ、安全のため最低周回数5周以上でレース再開します。
 再スタートの隊列は縦一列、または二列千鳥とし、状況によりレフリーが決定します。

・レフリーへのアピール
 グリッド整列後何らかのトラブルが発生し、スタート不能とライダーが判断した場合、
 挙手にてレフリーに合図を送ってください。
 レフリーはスタート進行をストップします。
 車両トラブルの場合、2分以内に処置が完了すればそのままスタート可能です。
 2分を超えてグリッドに戻れなかった場合、リタイヤしたものと判断します。

・路面状況などへのクレーム
 路面状況などに重大な危険があるとライダーが判断した場合、
 2名以上の共同アピールにより、安全確保のための改善をレフリーに要求できます。
 そのアピールに対し全参加ライダーの過半数が賛同した場合、
 主催者はレース進行を完全にストップし、安全確保のための対応を行います。

ーーーーー

予報では比較的涼しめな気温のようですが、
夏真っ盛りですので日陰テント推奨+水分多めでご参集ください。
会場内に水道はありませんので手洗い用の水タンクもあるとよろしいかと。
トイレはコースオーナーのご尽力でいつも清潔な現場仮設型のが一基ございます。
観戦のみでのご来場もお待ちしております。
MAXXIS DTR-1、LUCASアパレル、SOBmagazineTシャツなどもパドックにて販売。

主催者キャラバン隊一行(主にハイエースだけどね)は本日深夜に東京を発ち、
レース開催前日27日の午前8時には路面整備、設営作業、空模様とにらめっこを開始します。
天候状況などの判断に不安のある方は、昼夜を問わず当方までお問い合わせください。
まあわりと、ちょっとした雨くらいなら走れたりするトラックなんですけども。
安全上の懸念などにより、直前での中止判断もありうることをご承知ください。
以上よろしくおねがいいたしやす。
by 703thesidewaykid | 2013-07-26 17:00 | FEVHOTS™